アセットガーディアン

コンセプト

陳列棚のチェック業務を自動化し店内管理をサポート

小売店舗向け業務代行AIロボット
RASFOR®

~Robot as a Service for Retail~

深刻な人手不足に悩まされる一方で、
業務量は増加し、多様化が求められる小売の現場。
AIを活用したロボットにより
毎日の商品棚の効率的な管理を支援します。

小売店舗向け業務代行AIロボット「RASFOR」動画のご紹介(2分29秒)

高性能な自律走行型ロボットが、売場の確認作業を代行。
AIを搭載し、業務の質の向上と省人化に貢献します。

RASFORは、これまで手作業や目視で行ってきた棚札やPOP、商品棚のチェックを
より正確かつスピーディに行い、人手不足の解消と精度の高い作業の実現に貢献します。

閉店後にスタートボタンを押すだけ。
難しいオペレーションは不要で、簡単に利用できます。

売場のチェックは、ロボットがすべて自動で行います。
設定した時間になると走行を開始し、稼働中の操作も必要ないため、
従業員に負担をかけることなく利用できます。

※RASFORは、日本ユニシス株式会社の登録商標です。
※その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

導入メリット

陳列棚のチェック業務を自動化し店内管理をサポート

小売店舗向け業務代行AIロボット
RASFOR®

~Robot as a Service for Retail~

AI×ロボットの業務代行により、
人の手や目視に頼らない商品棚の管理を実現。
従業員の負担軽減や人的ミスの防止を図るとともに、
商品陳列の改善を可能にします。

1.業務の効率化と精度向上を実現

RASFORは、ロボットとAIを用いて商品棚の画像を解析し、
棚札やPOPの掲出期限切れ・表示売価とPOS売価の不一致・商品の品切れを検出。
売場のチェック業務を自動で行い従業員の負担を軽減するとともに、
高度なAI解析技術により、作業の精度を高めます。

夜間にチェックした内容は、朝までにレポートとしてまとめられるため、
結果をもとにスムーズな開店準備が可能です。
解析結果や撮影画像はクラウドに保存され、
ネット環境があればどこでも閲覧できます。

2.利益の損失を防ぐとともに、お客様からの信頼を維持

購入機会の損失を防止
棚に商品を確実に品出しすることが可能で、
お客様が商品を手にとっていただける状態を維持します。

利益の損失を低減
棚札やPOPの表示売価と売価マスタデータの不一致を検出することで
POS売価の誤りを早期発見し、差額分の損失を減らすことが可能です。

クレームの削減
POS売価より安く記されているといった棚札やPOPの誤表示を発見し、
お客様からのクレームやトラブルの原因となるミスを未然に防ぎます。

3.本部による店舗の運営・管理を効率化

ロボットが撮影した棚の画像をAIが解析し、
データ化することで各店舗の陳列状況を可視化。
RASFORによって、現場の手をわずらわせることなく画像やデータから
商品ごとのより正確な棚割情報をスムーズに把握できます。

商品の陳列状態を正確に把握
店舗ごとに、時系列で陳列指図の進捗を確認することが可能です。
「 棚割の展開が遅れている」「指示通りの陳列になっていない」など、
何か問題があった場合に、すぐに把握・対応できます。

売上不振な店舗の商品棚を改善
陳列状況をデータ化するため、売上が良い店舗を例に
商品の配置や見せ方を水平展開させることで全社的な売上アップにつなげます。

店舗ごとに比較して最適な棚割を精査
ベースとなる棚割と比較し、売上予算と各店舗の実際の売上との関係を調査できます。
策定していた棚割が妥当だったか、または売上予算が適正だったのかを確認して
改善に役立てられます。

※RASFORは、日本ユニシス株式会社の登録商標です。
※その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

サービスメニュー

陳列棚のチェック業務を自動化し店内管理をサポート

小売店舗向け業務代行AIロボット
RASFOR®

~Robot as a Service for Retail~

日本ユニシスが誇る最先端のAI技術で
最適な商品棚の維持をサポートする各種機能をご用意。
サービスの効果は、本格導入前に
店舗でお試しいただけます。

POP期限チェック
売場に掲出されている期間切れ、または期限間近の棚札やPOPを
検出し、レポートを作成。POPなどの付け替えが必要な商品を
一覧化することで、開店準備を効率化します。

売価チェック
店頭の棚札やPOPに表示されている売価を売価マスタデータと
照合し、不一致だった商品をまとめたレポートを作成。売価の
不備を早期改善して、利益の損失やお客様からのクレームなどの
リスクを減らします。

品切れチェック
商品が品切れとなってできたスペースを検知し、
棚札やPOPに表示されているJANコードを読み取り商品を特定。
棚に商品が並んでいる状態を維持することで、
販売機会の損失を防ぎます。

棚割実態把握
ロボットが撮影した棚画像を提供するとともに、AIの画像解析
により棚情報(棚・段・商品コード・フェース数・品切れ
フェースの有無・売価など)をデータ化。
商品ごとの陳列状態をより正確に可視化します。

棚画像には、商品・品切れフェース・棚札やPOPを囲む枠を表示。
各枠に番号を振り、棚札やPOPと商品を紐づけます。

アセスメントによる導入前の確認・試行が可能です。

実際に導入を検討している店舗でロボットを稼働させて機能や精度を確認でき、
以下の結果を含めて効果を検証していただけます。

「POP期限チェック」「 売価チェック」「 品切れチェック」
・解析精度
・売場検証結果

ロボット想定走行時間・稼働時間

その他
・エリアごとの走行難易度
・課題(環境、棚札やPOPの重なり等)

チェック業務に必要な現状の人数や時間と比較して導入効果を算出するとともに、
売価違いや陳列されていない商品数などを検出し、店舗の実情をお伝えします。
棚札やPOPの重なりなどサービスを活用する上で課題となる問題を明確にするため、
本格的な導入前の準備として活用いただけます。

※RASFORは、日本ユニシス株式会社の登録商標です。
※その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。